剣道の練習着の種類

剣道と言うと防具の印象が強く、下に着ている剣道着はあまり印象がありません。うっすらと袴のイメージがありますが、どの様なものがあるのでしょうか。また、練習着としてどの様なものが販売されているのでしょうか。種類ごとの特色に注意しながら、見ていきましょう。

メッシュの練習着

一般にジャージ練習着と呼ばれるもので通気性の良いメッシュの生地の練習着です。ポリエステルと綿の2種類の素材があります。どちらも乾きが早いので練習に着るものとして向いています。ただ、生地が薄いので突きなどの衝撃からは守ってくれません。ポリエステルは汗を吸うのは苦手ですが、乾くのがとても早いです。綿は汗も吸収してくれますが、ポリエステルより乾きは劣ります。夏場の練習には最適なのですが、見た目がチープに感じられるので、練習用としての活用をおすすめします。

一重の練習着

裏地が無く、二重に比べると軽くて動きやすいのが特色です。練習、試合、審査と幅広く使え、一着で全てこなしてくれます。価格は安いもので3,000円、高いものですと20,000円以上するものもあります。メッシュの練習着同様に、ポリエステルと綿の2種類の素材があり、特色が違います。最近のポリエステルの剣道着はテカリを抑えて作られているので、安っぽさがありません。綿の素材では、仕立てが凝った剣道着があり、腰から下にかけて、ワザと薄手にする事で、ゴワつきを無くし、着崩れを防止する事が出来ます。ただし、仕立てが多い程、値段も上がりますので注意が必要です。値段の幅が広く、高いものではすごく高級感があります。ポリエステルに比べると洗濯に向いていないので、高級なものは手洗いで大切にして下さい。

二重の練習着

二重の練習着は一番高級なものとされていますが、一重の練習着の中にも高級なものがあるので、一概には言えません。裏地がしっかりしている分、生地は厚く重たいです。乾かすのに時間がかかり、洗濯に向いていないので、練習用としては不向きです。しかし、その高級感から、贈り物や審査用の剣道着として活躍してくれます。3~4段以上の昇段審査では一着持っていると良いでしょう。

まとめ

剣道と言うと防具にクローズアップされがちですが、中に着る剣道着も大切です。竹刀を打ち込まれた衝撃を緩和する事、練習で汗が出た時に吸ってくれる事など、様々な役割があるからです。中高生のクラブで練習主体という事であればジャージ練習着を、昇段審査を受ける方は二重の練習着を購入するという様に、用途や目的に合わせて購入すると良いでしょう。