ダンスの練習着は激安のものを選んでも良いの?

スポーツともいえる、全身をくまなく使うダンス。そのダンスを習うことにしたら、まず練習着を揃えるところから始めますが、激安のものでも良いのでしょうか?

ダンスを習うのに適した服装

バレエやジャズ、ヒップホップなどさまざまなダンスのジャンルがありますが、ダンス教室の門を初めて叩く場合、どんな服装をしていったら良いのか悩むところです。大抵のダンス教室では、入会を考えている人向けに体験レッスンを行っており、申し込みをする際にどんな服装をしたらよいかを聞くことになります。ダンス教室によっては、正式に入会した場合はクラス別で練習着が決められていることもあり、体験レッスンの場合は「動きやすい服装で来て下さい」と言われることが多いです。

もちろん、これまでダンスの経験があり、そこで使っていた練習着があれば、体験レッスンにそれを着て行っても何ら問題はありません。その際にふさわしい服装は、Tシャツやスパッツなどです。ダンスでは色々な動きをしますので、ジャージよりはスパッツの方が動きやすいでしょう。

練習着を揃える際の注意点

体験レッスンに行った後にいざ入会をするになれば、練習着を一式揃えることになります。その際にも先生にどのような練習着を購入すれば良いのかを聞くことになります。教室で決められている場合はそれに従いますが、そうでない場合は自分で選んで購入することになります。

体験レッスンは、新規で入会したい人だけで1クラス設けられていることもありますが、現存クラスに混ぜてもらうことが多いです。そのため、現在そのクラスに通っている人がどんな服装をしていたかを参考に練習着を選んでいけば、それほどクラスで浮くこともないでしょう。

激安の練習着でも問題ないのか?

ダンスの練習着は、メーカーもので揃えようと思うとそれなりに高い値段になりますが、動きやすさや品質の良さは間違いありません。一方、インターネットなどでは激安の練習着として、ウェアからシューズまでの一式をセットで売っている場合もあります。初めて揃えるのにどちらを買おうか迷う人も多いでしょう。特に子どもの場合は、本当にそのダンスが好きで長く継続していくかどうか、入会の段階では分かりません。

また、成長によってすぐにサイズアウトして次のサイズを購入しなければならない場合もあります。そのため、子どもの場合は、最初は激安の練習着セットを購入しておいて、本当に続けたいとなった時にダンスメーカーが出しているものを購入するというのも賢い方法です。

まとめ

激安の練習着にも、かわいいものは多々あります。有名メーカーのものと上手にあわせて着ることで、ダンスをより楽しめるよう工夫してみてください。